人気ブログランキング |

熊本の水の現状と課題【さわやか大学】   

f0059498_11224587.gif肥後銀行常任顧問:長野吉彰氏の講義があり、某TV局がカメラを廻していました。
「熊本は、上水道は100%地下水で賄われていて、よほどのことがない限り渇水の心配はないでしょう。しかし地下水の年間収支は、平均して1200~1300万トンの赤字基調になっています。これは、水前寺公園や江津湖の湧水の減少からも推測できます。」とのお話。興味深いお話でした。
f0059498_2157312.jpgf0059498_21574557.jpg
確かに、地下水位は低下していると思います。私が中学生(31~33年)頃は、水前寺公園の池の水位は、今より高く、当時、無料の湧水プールがあり、夏休みは毎日のように通っていました。懐かしい思い出です。


f0059498_20154391.jpg

午後6時頃、現場を見に行きましたら、鉄筋がギッシリ敷き詰めてあります。
明日は、いよいよ生コンを流しで、ベタ基礎を作るようです。

by mako1753 | 2006-08-31 21:54

<< ベタ基礎 看板 >>