認知症サポーター養成講座   

「公民館のチラシ」に「認知症サポーター養成講座」があると云うので、どんなことをサポートするのかと思い、参加しました。参加者は、30名ほどでした。
f0059498_16150079.jpg
f0059498_16152201.jpg「認知症を学び 地域で支えよう」の資料とスライドを使っての説明がありました。認知症になる主な病気としては、①アルツハイマー病(約50%)、レビー小体型認知症(約15%)、前頭側頭型認知症、脳血管性認知症(約15%)、その他(20%)との事。認知症サポーターとは、認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族に対して温かい目で見守ることがスタートで、特別なことをする人ではなく、認知症の人やその家族の「応援者」との説明がありました。
[PR]

by mako1753 | 2017-09-14 10:00 | 地域参画

<< 崇城大学の下見 敬老の集い >>